マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの継続利用


ページ番号1016303  更新日 平成29年7月7日


他市区町村へ転出しても、転入先(新住所)の役所で継続利用手続きをすれば、マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを引き続き使用できます。同様に、他市区町村から和歌山市へ転入した場合についても、継続利用手続きをすれば引き続きご利用いただけます。

継続利用が可能な条件

  1. 転出異動(予定)日から30日以内に転入の届出をしていること
  2. 転入日(住み始めた日)から14日以内に転入の届出をしていること
  3. 転入の届出をした日から90日以内であること
  4. カードが有効期限内であること
  5. 前市区町村(旧住所地)で利用可能なカードであること
  6. カードの記載事項欄に十分な余白があること(記載するための余白が足りないときは、再度新しいカードの申請をしてください。)

手続きするところ

住民異動届出窓口と同じところでお手続きできます。

注意

手続きの方法

本人が手続きする場合

マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを持参し、住民基本台帳事務用の暗証番号(カード交付時に設定した4桁の番号)を入力していただきます。

同一世帯員が手続きする場合

本人のマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードと、来庁する同一世帯員の本人確認資料(運転免許証、健康保険証など)を持参し、本人の住民基本台帳事務用の暗証番号(カード交付時に設定した4桁の番号)を入力していただきます。本人は、必ず同一世帯員に暗証番号を伝えておいてください。

注意事項

  1. マイナンバーカードまたは住民基本台帳カード
  2. 本人確認資料(運転免許証、健康保険証など)

関連情報


市民環境局 市民部 市民課 住民班
電話:073-435-1027


[0] 和歌山市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Wakayama City Web