付加保険料とは


ページ番号1001527  更新日 平成28年2月25日


国民年金第1号被保険者の方と国民年金に任意加入されている65歳未満の方は、申出により付加保険料を定額の保険料に上乗せして納められます。付加保険料を納めると、老齢基礎年金を受給するときに、上乗せして付加年金を受給できます。
(注)国民年金第2号被保険者(厚生年金加入者)の方、国民年金第3号被保険者(国民年金第2号被保険者に扶養されている配偶者)の方、国民年金基金に加入中の方は、付加保険料を納められません。

(1)付加保険料

月額400円

(2)年金額

200円×付加保険料納付月数
(例)
10年間(120月)付加保険料を納付した場合の支払い額は
400円×120月=48,000円
受給できる付加年金額は
200円×120月=24,000円(年額)
毎年、老齢基礎年金額に上乗せされます。
2年間で納付した付加保険料と同額になるため、3年目からはお得です。

(3)手続きに必要なもの

  1. 年金手帳又は基礎年金番号通知書(紛失された方は本人を確認できるもの。)
  2. 印鑑(みとめ印)

(注)上記以外の書類が必要になる場合があります。

(注)請求者以外の方が代理で手続きする場合には、委任状と代理人の本人確認できるものが必要です。


健康局 保険医療部 国保年金課 国保年金課 国民年金班
電話:073-435-1055


[0] 和歌山市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Wakayama City Web