地域自殺対策強化事業について


ページ番号1005459  更新日 令和1年10月3日


我が国の自殺者数が年間2万5千人以上を推移し続けている中、和歌山市でも平成22年度より自殺防止対策事業を実施しています。
和歌山市における自殺者数は年間70人前後で推移しており、40代から60代の男性に多い状況です。
ごく限られた人が特別な理由で命を絶っているのではありません。自殺の多くは「健康問題」「経済・生活問題」「家庭問題」等さまざまな問題が複雑に関係し、追い込まれ自殺に至っているのです。この悲しい状況を無くすために、自殺やうつ病についてパンフレットや折り込み広告を作成し、配布を行うなど啓発活動にも積極的に取り組んでいます。
またうつ病夜間相談も開設し、相談体制の強化を図っています。
加えて、市民の方々や支援者を対象に、自殺と関係の深いテーマで講演会等も開催しています。

「和歌山市いのち支える自殺対策推進協議会」の開催について

令和元年度和歌山市いのち支える自殺対策推進協議会を開催します

自殺対策基本法の改正により自殺対策計画の策定が義務付けられ、和歌山市においても平成30年度に「和歌山市いのち支える自殺対策計画」を策定しました。

この計画に基づいた効果的な自殺対策を進めるため、「令和元年度和歌山市いのち支える自殺対策推進協議会」を開催します。

  1. 日時  令和元年10月10日(木曜日) 午後4時から午後5時
  2. 場所  和歌山市保健所 3階大ホール (和歌山市吹上5丁目2−15)

 

和歌山市いのち支える自殺対策計画

平成28年4月に自殺対策基本法が改正され、「誰も自殺に追い込まれることのない社会」を目指すことが重要な課題とされ、自殺対策が「生きることの包括的な支援」として新たに位置付けられるとともに、より地域の事情にあった対策を促すため、市町村でも自殺対策の計画策定が義務付けられました。

そこで、本市のこれまでの取組を発展させ、自殺対策を「生きることの包括的な支援」と位置づけ、全庁的な取組としてさらに総合的に自殺対策を推進するため、『和歌山市いのち支える自殺対策計画』を策定しました。

「誰も自殺に追い込まれることのない、いのち支える和歌山市」の実現を目指します。

令和元年度「いのちをつなぐポスターコンクール」開催について

和歌山市地域自殺対策強化事業の一環で、自殺防止啓発のためのポスターコンクールを開催します。

うつ病夜間相談

原則毎月第2水曜日午後6時〜 予約制
連絡先:保健所保健対策課こころの健康対策班
電話:073-488-5117

G-Pネット


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


健康局 健康推進部 保健対策課 こころの健康対策班
電話:073-488-5117


[0] 和歌山市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Wakayama City Web